海外製の排卵日検査薬が選ばれる理由とは?

 

ネット通販を利用して排卵日検査薬を購入する方は大勢いらっしゃいますよね。
この場合、多くの方が海外製の排卵日検査薬を使用されているかと思います。
海外製といってもその製造国はアメリカ製、中国製、カナダ製と様々に揃えられており、自宅に居ながらにして入手できる通販は、忙しい女性達にとって大変好都合と言えるでしょう。
輸送時のトラブルや粗悪品を掴まされるトラブルはゼロではない面はありますが、信頼できる通販業者から購入すればその心配もほとんどなく、ネット通販が如何に便利なものか痛感されている方も多いかと思います。
中には国産ではないために不安を感じる人もいるかもしれませんが、昨今国産のもの=高品質という概念も薄れつつあるようにも思えます。
特に排卵日検査薬に関しては体の中に入れるようなものではありませんし、特別な精密機械という訳でもありませんから、はっきり言って冷静に見比べた場合、海外製のものの方が断然リーズナブルかつ使いやすいのではないかと思います。
ここではそんな海外製の排卵日検査薬について、更に詳しくご説明していこうと思います。

 

 

とにかくリーズナブル

 

まず何よりも注目すべきところは、海外製の排卵日検査薬は日本製のものに比べて、大変リーズナブルな点が挙げられます。
例えば、日本製のものであれば1本あたり500円程度のものが、海外製のものなら1本あたり70円前後で購入できたりします。
価格が安いとなれば品質が劣るのでは?と心配されそうな気もしますが、結論から先に言ってしまえば、排卵日検査薬に限ってはそんなことはないというのが本当のところです。
排卵日検査薬としての品質については、海外製だろうが日本製だろうが大きな違いはありません。
何故なら、排卵日検査薬が察知するのは排卵前に上昇する黄体形成ホルモンの量であり、基準値より値が高いか低いかを測るだけですので、その仕組みはとてもシンプルなのです。
例えるなら、理科の授業で使ったリトマス試験紙のようなものなのですので、品質の差が大きくあるとは考えられません。
しかし、判定窓の見やすさや本体の持ちやすさ、デザイン面や機能面などにおいて立派と言えるのは、やはり日本製の排卵日検査薬と言えるかと思います。
海外製のものはリーズナブルな分、本当にただの試験紙という感じで、見た目や使いやすさには特化していないかもしれません。
ですが、排卵期を特定するという目的に重点を置く限りは、どちらも問題なくその目的を達成できるアイテムなのです。
価格が安い上に発揮される力に差がないとなれば、海外製のものに注目度が高くなるもの頷ける話ですよね。

 

 

1日1回の検査では物足りないもの

 

排卵日検査薬は沢山使って当たり前な製品のひとつです。
1日1回の検査で用が済むのは、ある程度排卵期を自分で把握している人限定の話であり、そうした方の場合であれば5本入りや7本入りの排卵日検査薬で十分だったりするでしょう。
しかし排卵日検査薬を必要としている殆どの人が排卵期がはっきりとせず、なかなか自分の力ではその時期を把握仕切れずにいる人のはずです。
例えば、生理周期自体が乱れがちで、下手をすれば毎月確実に排卵しているかどうかもはっきりしないという人だっているものでしょう。
タイミングを正確に測り妊娠を実現させたい!と考えている人であれば、そのチャンスを逃したくないのは当然のことです。
だからこそ検査の回数は増やす必要があったり、そもそも必要かどうかではなく自然と回数が増えてしまうといったことは多々あるものなのです。
そんな時、こま目にある程度惜しみなく使える排卵日検査薬を持っているということは、とても心強いこと。
リーズナブルな海外製の排卵日検査薬は排卵期を見通せない人達にとって、頼れるアイテムとなってくれるはずです。

 

 

感度が高いものが多い

 

排卵日検査薬の感度についてみてみると、現在はいずれも大きな差はないように思えます。
例えば日本製の「ドゥーテスト」はかつては50IU/Lに設定されていましたが、リニューアルされて以降30IU/Lにまで感度が上げられるようになりました。
排卵日検査薬の感度は、これ以上のホルモン量で陽性ですよという意味になりますので、数字が低い方が感度が高いということになります。
このリニューアルは、より幅広い人達に排卵日検査薬を使いやすくするための変更だと思います。
恐らく、50IU/Lの低い感度では排卵前であっても黄体形成ホルモンがそこまで上昇せず、反応しづらい人が多いといった判断を下したのでしょう。
このリニューアルからもわかるように、感度は高ければ良いというものではなく、自分のホルモン量に合った排卵日検査薬を使うことが重要になります。
ホルモン量が比較的多いと思われる人であれば感度が低い方が使いやすいですし、ホルモン量が少ないと思われる人であれば感度が高い方が使いやすいのです。
(ホルモンの分泌量には個人差がありますので、平均して少ないから異常だとか、多いから異常ということではありません。)
海外の排卵日検査薬は総じて感度が高く設定されており、多くが25IU/L前後となっています。
初めて使う排卵日検査薬としては、海外製の無難な感度のものを選んでおくと良いのではなかと思います。

 

 

感度が高めだとタイミングが取りやすい

 

ホルモンが多めで感度が高いものは使いにくいといった方の場合、海外製の高めの感度のものでは合わないのでは?と感じる方も多いでしょう。
ですが、感度が低いもの高いものを比較した際、どちらかと言えば感度は高めに設定されていた方がタイミングを取りやすい面があります。
何故ならば、排卵日検査薬で知りたいのは排卵日や排卵する瞬間のタイミングではなく、あくまで排卵前のタイミングだからです。
一体どういうことか?と言うと、排卵日検査薬を使う理由の多くが妊娠することにあるかと思いますが、この妊娠のためのタイミングというのは排卵の2日前を把握することが重要だからです。
初めて排卵日検査薬を使う方からすればよくわからないことかもしれませんが、妊娠を確率を上げる上では、排卵期ではなく排卵前のタイミングを知ることがポイントになります。
ホルモンの分泌量によっては扱いにくいという方もいるかもしれませんが、確認したいのはあくまで排卵の前兆である黄体形成ホルモンが上昇を始めたかどうかですので、それがいち早く知れる検査薬であれば問題ないと捉えておきましょう。
そうした意味合いでは、感度が低い排卵日検査薬よりも感度が高めの排卵日検査薬の方が、使えるアイテムになる可能性が高くなります。
ただ使用する中で陽性が4日も5日も続くなど、あまりに使いにくいといった実感がある場合には、感度が高い検査薬が本当に自分には合っていないと判断し、別の検査薬を使用することをお勧めします。

 

 

あなたに合った排卵日検査薬を!

 

現在、海外製の排卵日検査薬は本当に多くの方に選ばれ、使用されています。

 

日本の排卵日検査薬が薬局で手軽に買えないからといった理由もあるでしょうが、海外製の安く、感度も高いからという理由で選んでいる方がその殆どではないかと思います。
初めて排卵日検査薬を使う方は何を選べば良いか分からないところだと思いますので、ここでは無難な海外製をお勧めしてみましたが、日本製の排卵日検査薬が駄目だと言っている訳ではありません。
コストやデザイン、使いやすさなど総合的なことを考えた上で、自分にとってベストと思える排卵日検査薬をチョイスしてみてください。
また何よりも、排卵日検査薬なのだから排卵日を知るための道具ということではなく、排卵日前を知る上で便利に使えるアイテムであることを覚えておいてもらえたらと思います。

更新履歴